リゾートバイト、真夏の海」の目次・記事一覧

この夏、自分を変えたくて、思い切ってリゾートバイトに応募してみた。
年齢も志も違う仲間が集まる中、私は同い年の彼にどんどん惹かれていって――。
リゾートバイトの休みの日、海で初めての二人きりのデート。
開放的な雰囲気が、二人の心と身体を素直に曝け出させる、野外セックス官能小説。

【官能小説】第一話「洞窟に響き渡る喘ぎ声。波と共に揺れる二人の身体」

 この夏、何か変わったことをしてみたくて、大学生の時にしかできなさそうな体験もしてみたくて、泊まり込みのリゾートバイトに応募してみた。  今日は、そこで出会った同い年の彼と、休みを使った初デートだった。  初デートと言え … 続きを読む

カテゴリー: リゾートバイト、真夏の海, 官能小説 | タグ: , , , , , , , , , , , ,

【官能小説】第二話「初めての潮吹きと、彼の絶頂」

「あ、クリ弱いんだ。可愛いなぁ、もっと啼いて聞かせてよ」  ずんっ! と、彼が私の一番奥に男根を突き立てた。  そのまま円を描くように、腰をグリグリ動かされる。 「やだぁっ! だめっ! だ……な……んかっ、き、ちゃうっ! … 続きを読む

カテゴリー: リゾートバイト、真夏の海, 官能小説 | タグ: , , , , , , , , ,

【官能小説】第三話「遠くに聞こえる子供の声。止まらない彼の愛撫」

 サンダル、買ったばっかりだったのになぁ……。  そんなどうでもいいことを考えてしまうほど、惚けてしまっていたらしい。  絶え絶えなまま、息の調子が元に戻らない。 「すっごく、気持ち良かったよ」 「だ……れか……っ、」 … 続きを読む

カテゴリー: リゾートバイト、真夏の海, 官能小説 | タグ: , , , , , , ,

【官能小説】第四話「人に見られそうなのに、セックスが気持ちいいと叫んで……」

 ままぁっ! 母親を呼ぶ子供のサンダルの音が、心なしか近くなってくる。  このままじゃあ、本当に見つかっちゃうかも知れない。そうしたらこんな姿、誰にも、言い訳なんて出来ない。 「答えて。セックス、気持ちいい?」  彼の口 … 続きを読む

カテゴリー: リゾートバイト、真夏の海, 官能小説 | タグ: , , , , , , , , , , ,

【官能小説】第五話「ディープキスで、気持ちを確かめ合って……」

 彼も、私の外で果てた後。  まるで、今までの情事が嘘だったかのように、二人静かに寄り添いあった。  不意に、彼がぎゅっと、手を握ってくる。  私は思わず、振り返った。 「ど……したの?」 「んー、夏は短いな、って、思っ … 続きを読む

カテゴリー: リゾートバイト、真夏の海, 官能小説 | タグ: