【官能小説】第四話「交尾しているみたい……バックから貫かれている姿を、鏡越しに見つめながら……」



「じゃっ、次は俺がイく番ね♪」
「ふぇ……?」

 イかされたばかりで、身体が動かない。
 彼がガサガサ、コソコソ、何かを準備している。
 あぁ、それ、コンドームか、って……、

「ちょ……まって……、」
「待てない!」
「待てない、じゃ、なく……て……、」
「もう十分に濡れてるから大丈夫だよね、うん」

 抗議もむなしく、ひっくり返される。
 うつ伏せの状態から、腰だけをぐっと引き上げられ、そして、

「――ひゃあああああぁああんっ!」

 ずぶっ! と奥まで一気に貫かれる!
 どんっ、どんっ、とゆっくり、打ち付けるかのように打ち付けられ、その度に尿意にも似た感覚で身体が疼く。

「絡みついてくる、みたい、だよっ!」
「ああっ! あっ! あぁ!」

 ぐっと腰を引き寄せられ、一番奥の場所で止められる。

「ほら、顔を上げて前を見てごらん?」
「……? あっ……!」

 鏡。
 そこには、まるで動物が交尾をしているような姿で繋がっている私達の姿が映っていた。

「やだ、やだ、って言いながら、こんなにお尻を突き上げて……本当は欲しいんでしょ? 自分で見て、ちゃんと自覚した?」
「んんっ……!」
「ほぉら、こうやって腰を動かすと……」
「ひぁっ! ああんっ!」

 そんな自覚は無かったのに、彼がクネクネと腰を動かす度、私もお尻を振って彼を求めていた。
 彼のペニスをしっかりくわえこんで、離そうとしない、私のアソコ。
 時折抜かれそうになると、きゅぅっ……と絡みつく様子まで、よく見える。

「ほら、ね、自分から腰を振って……エッチな娘だ♪」
「も……ぉうっ……やぁっ……!」
「ほら、ちゃんと見てないと、最後までしてあげないよ?」
「……は……ず、かし……っあっ!」

 彼の手が、私の胸をもみしだく。
 外から、中心へ……乳輪を撫でられ、乳首をきゅっと摘ままれて、私はそのまま崩れ落ちそうになる。
 でも、ぐっと引き上げられて、また、鏡の向こうの私と目が合う。

 彼に貫かれ、乳首をクリクリいじられながら、快楽の涙で目元をびしょびしょにして……。

 ……これが、私なの?
 そんなの……、

「可愛いよ」

 彼が背筋に、舌を這わせる。

「服を着ていればあんなにツンケンしてるのに、脱ぐと、すぐこうなんだもんなぁ」
「あああああぁああぁっ……」

 ゾワゾワする。

「とっても、可愛い。だからもっと、乱れさせたい……」
「っあぁ……っ!」

 片手は胸の頂にあるまま、もう片方の手が、下の方に下りてくる。
 先ほどの愛撫で膨れ上がっていた蕾を、再び刺激される。

「愛してるよ」

 いつもはノリの軽い彼だけど、それだけは、ヤケに真面目な声で、囁く。
 だから、私の心臓ももう止まりそうなくらいバクバクして、息の仕方もわからないくらいになる。



↑まだ読み足りない時はエルシースタイルへ♪ ※全作品無料

お気に入りの官能サイトを探してみませんか♪


【コミックも小説も全作無料】皆が読んでる超有名サイト! 官能小説&漫画が無料で読める最大手♪

エログちゃんねるランキング

※官能動画をもっと探したい時にオススメ♪

官能小説ブログランキング

※官能小説をもっと探したい時にオススメ♪


おすすめ! 女性向け官能コンテンツPR♪

>官能漫画・動画・ボイス、月~金更新中です!

女性のための官能ポータルサイト最大手「エルシースタイル」。
登録も不要で、今すぐ全部無料で読めちゃいます♪ おすすめ!


ひとりエッチに使うグッズ
>みんなしているの? どうやっているの? ひとりエッチ特集♪

90%以上の女性がオナニーをし、70%以上の女性がグッズを使うそう。
オナニーに関するアンケート結果や、気になる方法やグッズを特集しています。


>ananにも掲載された女性による女性のためのラブグッズ店

「中で感じるようになった」「ひとりエッチなのに声が出ちゃう」など
見た目も可愛くて身体にも優しい、女性想いのラブグッズやラブコスメがたくさん♪



↑買いに行くのが恥ずかしい大人のおもちゃも、誰にも内緒で通販できます♪
↑買いに行くのが恥ずかしい大人のおもちゃも、誰にも内緒で通販できます♪

ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~ の他の官能作品・官能情報を読む


↑ 期間限定で一巻無料配信中♪ エッチなコミックもたくさんラインアップ!
↑月~金更新しています☆官能小説&コミックどれだけ読んでも無料です♪



カテゴリー: ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~, 官能小説 タグ: , , , , , , パーマリンク

>妄想ココット~官能小説中心・女性向けアダルトサイト