私の彼は、今、急成長する商社の役員。 今日のお泊りデートは、授業が手に付かないほど待ちに待った時間だった――。 普段は「デキる男」な彼と、ごく普通の女子大生のホテルエッチ。 誰も知らない彼のエロティックな素顔が垣間見える、歳の差セックスを描いた官能小説。

官能小説, 私の彼は商社の役員さん

「どうだった?」  問われて、ハッと意識がクリアになるのがわかった。  それは、先ほど目を ...

官能小説, 私の彼は商社の役員さん

 頭の中が、真っ白になって……そして、  うっすらと目を開けると、眩しかった。  彼が私の ...

官能小説, 私の彼は商社の役員さん

 ホント、出会った瞬間は、あ、何かスゴイ人なのに優しくて素敵だな、コノヒトって思ってた…… ...

官能小説, 私の彼は商社の役員さん

「あぁ、さすがに脱がせてあげないと、下着が汚れちゃいそうだね?」  そんなこと、気にもして ...

官能小説, 私の彼は商社の役員さん

 久しぶりの、お泊りデート。  スーツ姿の彼に、こういう夜景の美しいホテルのバーは本当によ ...