どちらかというとおバカな彼は、ラブホテルが大好き。 ホテルに付くなり、ムードも何もなく裸になって……。 呆れちゃうんだけど、憎めない。 そうして彼は今日は、部屋中に張られた鏡にご満悦な様子。 バカップル? のいちゃラブ官能小説です。

ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~, 官能小説

 一番奥の部分で、何度か大きく円を描くように腰を動かした後、入り口ギリギリの部分まで抜き取 ...

ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~, 官能小説

「じゃっ、次は俺がイく番ね♪」 「ふぇ……?」  イかされたばかりで、身体が動かない。   ...

ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~, 官能小説

「うわっ、中、暖かっ……早く入れたい……っ」 「あんっ、あっ……ああんっ!」  彼が私の太 ...

ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~, 官能小説

「だって今日は、せっかく天井にも鏡が付いてる部屋、選んだんだし! 俺とエッチしてるとこ、自 ...

ラブホテルが大好きな彼~鏡のお部屋で~, 官能小説

「ほぉら、早く脱いで!」  本当に邪気の欠片も無く、無邪気に彼が笑う。  彼はホテルに着い ...