【官能マンガ】「職場で憧れの後輩と……吸血鬼と、社内恋愛? そんなにシタいのなら俺がヤってやるよ」極上の快楽をキミに捧ぐ

官能マンガ, 強引・肉食系な彼

 もしも現代で、普通に吸血鬼と人間が共存していたら――?
 ヴァンパイアの「とろけるようなエッチ」のスパイスが効いた、甘々すぎるオフィスラブ官能マンガです♪

 ごく普通の製薬会社で働く会社員・天野百合乃。
 29歳になり、何となく崖っぷちだとは思っていたけれど、うっかり年下の社員に恋心を抱いてしまって、積極的になれずにいた。

 でも、吸血鬼と人間の合同パーティに誘われたことがきっかけで、その後輩との関係が急速に発展してゆくことに――。

極上の快楽をキミに捧ぐ
「極上の快楽をキミに捧ぐ」以下ネタバレを読まない方はこちらから本編へ

友人に誘われたパーティとは……吸血鬼とのセックスパーティ?憧れの後輩に強引にディープキスを奪われ…「極上の快楽をキミに捧ぐ」あらすじ

「新CM完成記念に飲みに行きませんか? 今夜ふたりで」

 ある日、片思いをしている後輩から、食事に誘われてドキドキ。
 でも、期待して恥をかくのは自分……と、友人との約束を理由にしてその誘いを断ってしまった百合乃。

 友人との約束とは、吸血鬼と人間の合同パーティのことだった。
 でも、ただのパーティだと思って会場に入ってみると、あちこちで吸血鬼と人間が絡み合い、女性達が血を吸われ、脚を開かされ、挿入されている姿が……。

 帰ろう――…

 心に決めた時、先ほどの後輩君の姿がそこにあることに気が付く。
 ここにいる男性は、全員吸血鬼。と言うことは、彼も……、吸血鬼なの?

 別の女性の血を吸っていた彼と、目が合う。
 彼は慌てた様子で、駆け寄ってきて……。

「アンタも吸血鬼とヤりたくて来たのかよ?!」

 普段の温厚な姿からは考えられないほど、激しく言い寄られる。

「そんなにシタいのなら俺がヤってやるよ」

 唇を奪われ、舌を捻じ込まれる。
 ピクンッと身体が震え、ぞくぞくする。

 キスだけでイキそう――…

 腰がビクビクして、あそこがジンとする。
 そうして百合乃が本当に絶頂に達してしまった時……力が抜けて崩れ落ちたのは、百合乃、ではなく、後輩君の方で――?

極上の快楽をキミに捧ぐ
無料立ち読み♪「極上の快楽をキミに捧ぐ」本編へ

後輩君の正体が吸血鬼でも、好きな気持ちは変わらない……。ヴァンパイアとの極上のセックスで何度も絶頂…「極上の快楽をキミに捧ぐ」ネタバレ

 彼が倒れた理由。それは、百合乃の体液が特別だからと言う。
 その特別な血を求める吸血鬼達が百合乃に群がってきて、無理やり服を脱がされてしまう。

「血を吸われながらのSEXは最高ですよ」

 吸血鬼達に、血を吸われる――。
 怖くて泣き叫びそうになった、その時、

「彼女は俺のモノだ
 一滴もくれてやる気はねぇよ」

 意識を取り戻した後輩君が、どさくさにまぎれてパーティ会場から百合乃を連れて逃げ出した!
 そのまま、彼の自宅まで連れていかれ、ベッドの上に押し倒されて……。

「引かずに来て――…」

 もう言わなくてもわかっているお互いの気持ち。自らオネダリをする百合乃、彼女の全身を舐めまわして堪能する後輩君――。
 後輩君が百合乃の両脚をぐいっと広げ、ビクビクするアソコをぴちゃちゅる…と舐めまわすたび、

「ひぁ
 ああっ」

 と彼女の身体が跳ねる。

 百合乃の体液は、吸血鬼にとって特別だ。しかも、愛液は唾液よりも濃厚で、もう、後輩君も自分が高まるのを止められない。
 その体液で酔いつぶれるギリギリまで百合乃を味わって、挿入し、繋がり合うことができて……。

 普段は温厚な彼が、夜に見せる情熱的な姿……蕩けるようなエッチ。
 年齢差を気にして踏み出せなかった恋が、やっと始まった幸せな瞬間。
 一夜にして幸せの絶頂を迎えた恋人達。でも実は、この恋は、当たり前に許されるものじゃ、なくて――?!

 欲望のままに身体を貫くエッチあり、切なくてどうしようもなくなる恋愛ありの、甘々いちゃエロ吸血鬼ラブ。読み進めるたびにドキドキが止まらないエッチマンガです!
 

極上の快楽をキミに捧ぐ
無料立ち読み♪「極上の快楽をキミに捧ぐ」本編へ