【官能マンガ】「お坊さんとセックス? 初恋の相手に、結婚相手のフリをさせられ、エッチな”子作り”の真似事まで…」僧侶と交わる色欲の夜に…

官能マンガ, 強引・肉食系な彼

 お坊さんが……聖職者が、こんなことしちゃってイイの?

 高校を卒業し、大学に進学をした深谷美桜。
 大人になってから初めての同窓会が、死ぬほど楽しみで楽しみで仕方なかった。
 その理由は――、

「憶えてるかな
 九条君」

 クラスも一緒になったことが無かったけれど、初恋の彼。
 もっと仲良くなりたい。
 そう思っているうちに卒業してしまった、あの頃の、淡い、恋心。

 でも。

 ザワッ…

 待ちに待った彼が会場に彼が現れ、帽子を取った……、瞬間に、どよめきが起きた。
 甘い想い出に浸っていた美桜も、目を疑ってしまう。

 ――九条君が、丸坊主頭?! え、ウソ?

僧侶と交わる色欲の夜に…
「僧侶と交わる色欲の夜に…」以下ネタバレを読まない方はこちらから本編へ

実家のお寺を継いで住職に? 一人でヤケ酒をしていたら、九条君が情熱的なキスをしてきて――「僧侶と交わる色欲の夜に…」あらすじ

 背も伸びてもっとカッコ良くなっていた気がしたのに、その頭でお坊さんじゃあ……。
 聖職者だもん。恋愛なんて。結婚なんて。
 ショックを隠し切れず、ついつい一人でお酒が進む美桜。 
 ついにはフラフラに酔っぱらってしまい、気分まで悪くなってきてしまう。

 帰ろう。

 何とか一人で頑張ろうとするものの、足元がクラクラして、倒れそうになってしまう。そこに来てくれたのは、何と九条君その人だった。
 しかも九条君が、美桜のことを自宅まで送ってくれるという。自宅に到着するなり美桜が、無防備にベッドの上に倒れ込むと……、

「僧侶の前に、俺だって男だよ」

 先ほどまであんなに紳士だった彼が、突然唇を奪ってくる。

「煽られれば欲情する」

 僧侶って……恋愛禁止、結婚禁止、当然エッチなんて、もっての他なんじゃあ?
 思うけれど、彼の指先が触れてきて、身体が自然と反応してしまう。
 さらに敏感なところを舌で刺激されて、イヤ、なんて言うけれど、強引に絶頂に押し上げられて――。

僧侶と交わる色欲の夜に…
無料立ち読み♪「僧侶と交わる色欲の夜に…」本編へ

彼の実家誘われて行くと、なぜか二人専用の部屋が! しかも、子作りのマネ? 乳首をきゅっと愛撫され…「僧侶と交わる色欲の夜に…」ネタバレ

 翌朝、九条君から来てほしい所があると言われ、ついて行った美桜。
 彼の行く先にあったのは、大きなお寺――彼の実家だった。

 一夜を共にしただけで、実家?

 事態を飲みこめない美桜の前に現れたのは、何と彼の両親。
 そこで九条君は突然、美桜のことを婚約者として紹介しはじめて……?

 フリだけで構わない。
 しばらくの間、婚約者でいてほしい。

 両親が去るや否や、九条君からはそう頼まれたけれど、美桜はあまり素直に喜ぶことができずにいた。
 ずっと好きだった人に、婚約者のフリをしろ、だなんて言われて……ここまできて、断れないけれど。

 しかも、彼の実家には、二人専用の部屋まで用意されてしまって。

「せっかくだし、子作りのマネでもしてみる?」

 そう言って美桜の耳を舐めまわしながら、囁く九条君。
 その囁きと愛撫に、ダメだとわかっていても流されてしまう美桜。
 胸の頂を刺激されながら、ディープに口づけられると、もう何も考えられなくなってしまって――?

 婚約はフェイクだ。

 こんなに優しく抱く癖に、そう言い切る九条君。はたして九条君が、美桜を求めてくる真意とは……?
 僧侶のくせに、ドSで強引で策士な彼と、翻弄されながらも好きという気持ちを捨てられない美桜。
 二人の関係はどこに向かっていくのか……絶対おすすめの恋愛コミックです♪

僧侶と交わる色欲の夜に…
無料立ち読み♪「僧侶と交わる色欲の夜に…」本編へ