【ディルド体験談】「アダルトグッズには抵抗があったけど、これなら大丈夫。夫とセックスレスで……」エアディルド ウェーブ

ディルド体験談, 官能体験談

 夫と結婚してから五年くらい経ちますが、彼は仕事で夜も遅く、疲れていて、エッチはすっかりご無沙汰です。
 でも、女性だってやっぱりしたくなる時があると言うか……ついつい我慢できなくなった時は、指で乳首を弄ってイっちゃったり、クリをコネコネしてイッちゃったりあそこに指を入れたりとか……。
 ただ、それじゃあどうしても物足りなくて、どうしてももっと刺激が欲しい時は、ヘアアイロンにビニールをかけて挿入したりとかもしたのですが、ちょっと痛くなっちゃって後悔したりもしました。

 そこで先日、勇気を出して「エアディルド ウェーブ」でアダルトグッズデビューをしてしまいました。

 それまでは、大人のおもちゃなんて夫に見つかったらどうしようとか、手入れが大変そうとか、何より、自分がグッズに手を出すほどエッチがしたくてたまらないとは認めたくなかったのですが、「エアディルド ウェーブ」なら絶対バレなさそうだし、見た目も毒々しくなかったので、ちょっと変わったマッサージ器具だと自分に言い聞かせて頼んでみました。

 旦那が出張で留守の日を狙って、荷物を届けてもらいました。
 お風呂に入った後、軽くお酒を飲んで気恥ずかしさを紛らわしつつ、届いた箱を開けました。

 結構身構えてソワソワしながら開けたのに、パッと見は本当にアロマポッドみたい。
 これならこのままお部屋の中に置いておいてもバレないかも? と、それで警戒心が薄らいだ気がします。

 「エアディルド ウェーブ」の箱を開けると、中からふにゃふにゃのシリコンが。
 風船を膨らませる要領で、軽くシュッ、シュッとピストンして空気を入れると、みるみる元気になって、アレのような形に早変わり。
 指先でつつくとムックリ起き上がって、つまむとピンとハリがあって……。

 なんだか、本物のアレみたい……。

 あくまでも「簡易的なモノ」というか、お試し程度に考えていたので、あまり期待はしていなかったのですが、結構ドキドキしちゃいました。
 お風呂に入って身体も温まっていたから、どんどんほてってきちゃって……。

 我慢できなくなってきて、ソファに深く腰掛けたまま、両脚をおもいきり開いてみました。
 結婚した当初は、こうやって夫に見られながら、ぐちゅぐちゅアソコをかきまわされたなぁ……とか、恥ずかしくて死にそうだったけど、クンニで立てないくらい気持ちよくさせられちゃったなぁ……とか考えていると、自然と「エアディルド ウェーブ」の先っぽでクリをつんつん、入り口をクリクリしてしまっていました。

 目をつぶると、本当に焦らされている気分になっちゃって、ゆっくりじっくり、自分を焦らすように押し込んでいきました。
 すると、シリコンのほどよく柔らかいアレが、膣をぐぐっと掻き分けて入ってくるのがわかって……。
 最後は両手で奥までズンっと入れると、あっ……と、一人なのに声が出ちゃって。

 声を出せば出すほど気持ちよくなっちゃって、夢中で「エアディルド ウェーブ」をピストンさせました。
 夫の名前を呼んだり、もっと……、奥がいい……、気持ちいい……って。
 あ、昔はこんな風に情熱的にセックスしたな……って彼のぬくもりを思い出すと、本当に久しぶりに、腰がガクガクするほどイきまくってしまいました。
 すっごく気持ちよかった……。

 その後は、なんだか急に寂しくなってきちゃって、朝まで夫のことを想いながらひとりエッチをしてしまいました。
 「エアディルド ウェーブ」で昔の気持ちを思い出して、私も五年間セックスレスで、それでいいや、って思いかけてたなぁ、諦めてたなぁ、って反省しちゃいました。
 ちゃんと夫を誘ってみよう、もう少し女性として努力してみよう、って、勇気が持てる良いきっかけになりました。
 なんとなく気持ちがまぎれればいいや、って思っていた程度だったのに、自分でもびっくりです。


>「エアディルド ウェーブ」の口コミをもっと読む
>「エアディルド ウェーブ」を購入する