【スイングディルド体験談】「台風で彼を家に泊めたらバレちゃった! 奥まで挿入させられ、子宮口をグルグル刺激されちゃう……!」LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ

ディルド体験談, 官能体験談

 私はエッチは結構好きな方だと思いますし、ひとりエッチもラブグッズや大人のおもちゃを使って結構ディープに楽しんでいます。
 でも、今の彼氏は付き合い始めてからまだ2ヶ月ほど。引かれると嫌だなと思って、セックスの時も猫をかぶってました。

 ところが!
 珍しく東京に台風が直撃することになって、夕方になると電車の計画運休のお知らせが。翌日の朝は電車が運休することになってしまいました。
 でも、人の命を預かる仕事をしている彼は「どうしても明日はシフトで入らなきゃいけなくて」と言うので、都心に近い私の家に泊めてあげることにしました。

 それが突然だったから油断してたんです……。

昨日お楽しみだったアダルトグッズが彼にバレた!! 挿入するように命令されて…「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」

 お酒を買い込んで、部屋に着いて、二人でのんびりしてからそれぞれシャワーに入ることにしました。
 で、私が上がってくると……なんと彼の手には、私が昨日オナニーに使っていた「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」が!!

 LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ
ヤバイ……彼にディルドが見つかった……!

 そりゃ、悲鳴が出かかりましたとも。
 確かに、昨日よくお手入れして、きちんと乾かそうと思って出しっぱなしだった……。一人暮らしならではの痛恨のミスです。

 でも、彼の反応はちょっと意外でした。
 ニヤニヤしながら

「こっちにおいで」

 とソファの上に呼ばれて、何も言えない私を後ろからぎゅっと抱きしめたり、突然ディープキスをしてきたり……。
 息もできないくらい音を立てて舌を絡ませて、別に乳首もアソコもまだ触られてもいないのに、身体が熱くなってきちゃったところで耳元でイジワルに囁かれました。

「挿入れて見せて? じゃないと今日は、抱いてあげないよ?」

 って……。
 
 彼が「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」をフローリングの上に吸盤で固定すると、私をその上に股がらせました。

 イヤイヤ、って首を横に振るんだけど、彼がショーツを横にずらして、膣の入り口にディルドの先っぽをあてがって揺らしてくるんです。
 するとチュクチュク……と愛液が水音を立てて、M字に開いている脚がガクガク震えてくるほどでした。

床のディルドの上に股がらされて、上から押し込まれて身体ごと揺すられちゃう度に、刺激が……!「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」

 ためらっていると、いきなり、両肩を上から押し込まれました。

 すると身体がずんっ! って床の方に沈み込んで、「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」のクビレが、私の膣壁の中をゴリゴリ擦って割って入ってくるのがわかりました。
 そしてディルドの先端が、私の膣の奥に、ドンっ! て、当たって……!

ヤリ部屋に連れ込まれた天使 みゆ 陰湿な色情責めに晒されたGカップJKは、体中を白く汚され、絶頂を教え込まれ、欲望に奉仕するM人形と化していく…。 かなで自由 もっと大きく

「あっ……んっつ!」
「ほら、自分でちゃんと腰を振ってごらん?」

 両肩を掴んで押し付けられ、腰を上げることも許されず、円を描くように揺さぶられると、子宮の入り口のあたりを「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」の先が穴を穿るように刺激して……カリが吸いついてしまったかのように深く刺激されて、涙が出てくるくらいでした。

 どんなに激しく動かされても吸盤が取れてくれないから、根元の方もグルグル、私のことを刺激してきて、入り口も奥も気持ち良すぎて、しばらく彼に揺さぶられるままに、声も出せずに快感を感じていました。

 続きます↓

 LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ
>「LC OLIKA ピンクディルド スイングターボ」もっと見る