【官能小説】第四話「人に見られそうなのに、乳首を舐められながら、セックスが気持ちいいと叫んで……」

リゾートバイト、真夏の海, 官能小説

 ままぁっ! 母親を呼ぶ子供のサンダルの音が、心なしか近くなってくる。
 このままじゃあ、本当に見つかっちゃうかも知れない。そうしたらこんな姿、誰にも、言い訳なんて出来ない。

「答えて。セックス、気持ちいい?」

 彼の口調が、どんどん強くなる。
 その度に、指の動きが激しくなる。
 まるで愛液を掻き出されるかのように、お腹の中で動く彼の指が、三本に増やされる。
 ぐぷぐぷっ! と空気と混ざりあって、卑猥な音が大きくなる。

 聞かれちゃう。聞かれちゃう。
 見られちゃう。見られちゃう。
 恥ずかしい――野外でセックスしてるなんて、こんなこと、誰かに知られたら!

官能小説「リゾートバイト、真夏の海」第四話

「……いいっ、せっ……く、つぅっ、」
「ん?」

「気持ちいいのぉっ!」「ままっ!!」

 振り切れて、叫んでしまった私の声と、子供の母親を呼ぶ声がぴたりと重なった。
 パタパタと走るサンダルの音が、遠くなる。

 岩場は危ないから駄目よ。

 女性の声が、遠くから聞こえてきた。
 その瞬間、ほっとしすぎて、涙が出てきそうになって……そして、身体から力が抜けてしまった。

「おっ、またイったのか?」
「っはぁ……」

 呼吸がままならない。
 彼が、ようやく私のアソコから指を抜いてくれる。

「こんなに濡らされたら、もう一回、入れたい」
「ちょっ! もうさすがに、ダメっ!」

 逃げるように彼から離れようとすると、両腕を掴まれる。
 そのまま、今度は向かい合うように抱きしめられて、両足を大きく広げ、背中にぐっと回させられた。

 彼は少しだけ、私を持ち上げてから、彼のまだまだ固いソレを、私のアソコにそっとあてがった。
 そうして、私の両肩をぎゅっと抱きしめ、体重全体がかかるようにして一気に貫いてきた。

「ひあぁああああああんっ!」
「しかしお前、いい声で啼くよな。俺、すっごくソソられる……」

 彼は私の胸を露わにすると、頂にわざと水音を立てながら吸い付いてきた。
 反対の頂は、親指と人差し指で優しく愛撫される。

「っはっぁんっ!」

 捕まるところが欲しくて、快楽を少しでもどうにかやり過ごしたくて、思わず、彼の頭を抑え込んでぎゅっと抱きしめた。
 その途端、舌の腹で、唾液を付けられるかのように乳首を転がされる。
 アソコがじんじんしてきて、もう声を抑える余裕なんて、全く無かった。

「ひあっ! あっ、んっ! ああぁああんっ! あっ、ふっ……あっ!」

 生暖かい舌の感触。
 熱いペニスが、私の中で大きくなる感覚。
 もう、何もかもどうでも良くなって、何も考えられなくなって、

「イクぅっ! いくっ! い……くうぅっ!」

 叫びながら、私はぐったりと身体の力が抜けてしまうのを抑えられなかった。

U.F.O. SA
乳首を舌で舐められる絶頂体験…「U.F.O. SA」乳首責め体験談