【官能小説】第二話「白衣の上での初エッチ。乳首を優しく指や舌で責められて……」

卒業前から好きだった、化学の先生, 官能小説

 ぼーっとしてしまう。
 頭に酸素が回っていない。いつもは唇にチュッ、って、そんなのばっかりだったのに。

 キス、って、こんなに凄いものだったの……?

「先生――」
「ごめん、こんなものしかないけど、なるべく痛くしないようにするから」

 先生が、机の上に自分の白衣を脱いで敷いてくれる。
 その上に、お姫様抱っこをされて、横たえられる。

 光の消えた蛍光灯が見える。この学校に通っていた頃、同級生達と一緒に授業を受けた、教室。
 先生が、ぎゅっと抱き付いてくる。

「――愛してるよ」

官能小説「卒業前から好きだった、化学の先生」第二話

 耳元で囁かれると、不思議と涙が出そうになった。
 その言葉だけで、爪先から頭の天辺まで、甘い痺れが駆け巡る。

「私もっ……!」

 今度は、啄むようなキス。
 先生の手が、私のブラウスの裾に触れた。
 そこから、お腹の辺りを撫でて、ブラの中に、忍び込んでくる。

「っ……んっ!」
「怖い?」
「だ……いじょうぶっ! んっ……」

 先生の大きな手が、私の胸を優しく揉み始める。
 外の方からゆっくりと、どんどん、頂の方に近づいてきて、ついに天辺に指先が触れた。

「あっ……んっ!」
「声、出してごらん?」
「せ……んせっ……あっ」
「本とかで読んだこと、無いわけじゃないでしょう? こうされると、気持ちいいって……だから声が出るのは、全然変なことじゃないんだよ」
「あんっ!」

 くりくりと親指と人差し指で摘ままれ、自分でも吃驚するような高い声が出てしまう。
 それになんだか、自分の真ん中のトコロが、どんどん熱くなってくるような気がする。

「恥ずかしがらないで、もっと感じてごらん? 大丈夫、僕しか見てないんだから……」
「っあっ! あっ……せ、ん……せっ! はずかし……あっ!」

 服をブラごと捲られ、顕になった胸に、先生が唇を寄せる。
 ちゅっ……ちゅくっ……くちゅっ……と音を立てて吸われ、反対の頂は指先でコロコロと転がされる。

「ひあっ! あっあっ!」

 最初はゆっくりだった動きがどんどん激しくなって、固く尖らせた舌先でペロペロと何度も舐められる。
 感覚の波が大きすぎて、私は思わず、自分の下に敷かれた白衣をぎゅっと握った。

「あっ、あっ、あんっ! あっ……はぁっ……んっ!」

 先生の愛撫は、止まらない。
 また、ちゅぅっ……と吸い付いてきて、ちゅぱっ、と放される。
 今度は逆の乳首を、乳輪に沿うようにゆっくりと舐められ、また、反対側の時と同じように吸い付かれ、いつの間にか、激しく頂きを刺激される。

 先ほどまで舐められていた乳首が、指先で弾かれる。
 先生の唾液でヌルヌルと指先が滑り、私は声が大きくなるのを止められない。

U.F.O. SA
指や舌で責められ続ける快感…「U.F.O. SA」乳首責め体験談