【官能小説】第五話「最後まで挿入したら、次は中でイクのが大人のセックス」

卒業前から好きだった、化学の先生, 官能小説

「でも……、でも、ちょっとだけ……怖かったっ……」
「素直でよろしい」

 冗談っぽく笑いながら、また頭を撫でてくれる。
 ゆったり、ゆっくり撫でられていると、先ほどまでの痛みが嘘だったみたいに、まどろみが押し寄せてくる。
 先生の鼓動が、聞こえてくる。
 今度は胸からだけじゃなくて、私の中から、どくん、どくんと暖かく脈打っているのが伝わってくる。

 ……ああ、痛かったけど、
 でも確かに、好きな人と一つになるって、こんなに、幸せな気分になるんだ――。

 暖かい。

「さて、どうしますか? お姫様」
「えっ?」
「これで終わりと思っているかも知れないけど、まだ、続きがあるんですが」

官能小説「卒業前から好きだった、化学の先生」第五話

「あっ」

 先生が、少しだけ腰を引く。
 その瞬間、また痛んで、ズキズキとする。

「せんせ、」
「続きはまた後日改めて? それとも、」
「今日する! 全部するっ! 私そう決めたの!」
「君は昔からちょっとせっかちだからなぁ……でも、お言葉に甘えて」

 先生が、ゆっくりと前後に律動を始める。
 その度にアソコが広がって、熱くて、くちゅくちゅ、音がして……でも、

「あっ……はぁ……んっ……んっ……、」
「ここ、感じてみて。僕がいる――君の中に、僕がいるのが、ちゃんと、わかるかい……?」

 下腹部に、先生の大きな手が触れる。
 円を描くようにされると、じんわりと暖かくなって、先生のソレが、私の中で動いているのを、もっと感じる。

「ああっ! せんせ……せんせっ! い……んっ!」

 いつしか痛みは気にならなくなっていて、先生の荒い息遣いと、ちゅぶっ、じゅぶっとはぜる水音だけが、クリアに聞こえてくる。
 どんどん頭の中が真っ白になってきて、さっきよりずっと、ビリビリと甘い、幸せな気持ちが私を押し上げていく。

「あっ、はぁっ、」
「一緒に……っ、イけるかい……?」
「せんせ、あっ、せん……せぇっ! ……きぃっ!」
「うん……っ、」
「好きっ! あっ! 先生っ! 好きぃっ!」
「僕もっ、愛しているよ……っ」
「うんっ、うんっ!」

 何度も何度も頷いて、先生の頬に手を置いた。
 今まで見たことのないような、ちょっと余裕のなさそうな表情。
 可愛い。
 大好き。
 せんせ、
 先生のそんないろんな顔、これからも、見てみたい……、

「イくよ……っ」
「うんっ……うんっ!」

 二人きりの教室に、パンパンッ! と、激しく体のぶつかり合う音が響き渡る。
 先生が、私の中でひときわ大きく膨らんでいく。

 弾けちゃうっ。

「大好き……せんせぇっ……ああんっ! あっ――」
「っ……!」

 熱い――!
 そう感じた瞬間、私も気持ち良さで燃え尽きちゃうような、さっきよりもすごい感じで、息もできないくらいだった。

驚愕ディルドパニック
ちょっと不器用なピストンがリアルで快感…「驚愕ディルドパニック」中イキ体験談