【官能小説】第二話「彼の前で、バイブオナニーを見せることになって……」

官能小説, 彼に見られながら、ひとりエッチひとりエッチ, アダルトグッズ, オナニー, クリ責め, バイブ, 喘ぎ声, 囁き, 大人のおもちゃ, 愛液, 挿入, 焦らし, 羞恥, 視姦, 言葉責め, 開脚

「やっ……はぁっ……!」
「スゴイね、これ。僕の腕にもジンジン振動が伝わってくるよ?」
「抜……いぃてえぇっ……あぁっ!」

 声、抑えらんない……!

 彼がぐいぐい、バイブを押し付けてくる。
 その度に腰が浮いて、でも、それを押さえつけられて。

「あ、これ、ここに当てるやつ?」
「ひぁああああああんっ!」

 バイブ本体に付いているクリバイブを、クリトリスに当てられる。
 すっかり操作方法を覚えたらしい彼が、ツマミを全開にして……、

「や……めぇてぇっ! あっ、あっ! あぁ……っ!」
「あ、この角度がいいの?」
「ひゃぁあああぁああんっ! あっ……あぁっ!」

 角度を変えて、責め立てられる。
 クリが熱くなる。一番奥の所が、ジンジンする。

 もうダメ――!

「あ、でも、」

 イくっ……! そう思った瞬間だった。
 ぬぷっ……と音を立てて、バイブが抜き取られる。

 絶頂の手前まで押しやられ、アソコが何度も伸縮して、まだしてほしい、早くイきたい、と求めてしまう。

「まっ……、」
「止めてほしい、んだったよね?」

 彼の手には、ヌラヌラと光るバイブが握られている。
 私のアソコから糸を引いていて……彼の指先が、その愛液の糸をそっと持ち上げる。

「……あれ? どうしたの? その顔。もしかして、イきたいの?」
「っ……!」

 バイブのスイッチを切り、しれっと、言われる。

「まぁ、いいや。これがどんなモノかもわかったし、じゃあ、お昼ごはんにでもしよっか?」

 ……そうだね。

 そう言いたかった。
 でも、疼きが、止まらなくて……。

「……やぁっ」
「んん?」
「イ……きたい……っ……お願い……」

 自ら、脚を広げてしまうのを止められない。
 でも、彼は、私のアソコをじっくり舐めるように見つめながら、

「じゃあ、自分でシて見せてよ」

 私の手を取り、バイブを握らせる。
 コントローラーの部分にまで愛液が垂れて、グショグショに濡れていた。
 彼の手にされるがまま、自分の秘所に、バイブの先端を当てて……、

「……どうしたの? しないの?」

 彼の手が離れる。
 私の最後の理性が、そんなのはダメだと訴えかけてくる。
 でも。

「さっきまで一人でしてたんでしょう?……僕も見てみたいなぁ、君の、オナニー」

 オナニー。
 そう囁かれて、理性なんて吹き飛んでしまった。

 オナニー。
 そうだ、私、こんなおもちゃを使って……彼がいるのに、一人でバイブでオナニーなんて……。

「ほら、早く挿れて見せて?」

 彼の両腕で、再び両脚を押さえつけられ、痛いくらいにぐっと開かされる。

 オナニー。

 私はそのイケナイ響きに抑えられない背徳感を覚えて、気が付くとバイブを自分の中にぐっと押し込んでいた。