【官能小説】第四話「バイブをフェラさせられながら、彼のモノで貫かれ……」

官能小説, 彼に見られながら、ひとりエッチ

「……そんなにイイなら、確かに止められないかもね……?」

 私の入り口から顔を出したバイブの本体部分が、グルグル円を描きながらうねっている。
 でも、もう抜き取る気力すらなくて……。
 きっとそんなだらしない姿を、彼に見られているけど、それすらももう、どうでも良くて。

 しばらくこのまま、息を落ちつけないと、何も考えられない――。

「さて、僕も君のオナニーを手伝ってあげたわけだし、お礼に……良くしてもらわないと」
「あっ……」

 身体を引きずられ、彼の方に引き寄せられる。
 うつぶせにさせられ、お尻だけをぐっと持ち上げられる。

「それに、バイブもちゃんと良くしてあげないと、不公平だよね?」

 バイブを……良く、する……?

官能小説「彼に見られながら、ひとりエッチ」第四話

「はぁっ……んっ」

 つぶぶっ……と抜き取られる。
 そのまま、私の口元に……私自身の愛液を滴らせたバイブを差し出される。
 ヴィィイッ……というバイブの音が、耳元にくすぐったい。

「ほら、しっかりフェラ、してあげなよ」

 バイブを、フェラ……?
 頭を押さえつけられ、口の中に含まされる。
 スイングは、口の中でも勢いを抑えることがなく、私の唇を、舌を……口内を蹂躙してくる。
 気が付くと、思わず舌を絡めていた。

「んんっ……んんっ……」

 バイブを両手で持って、頭を上下すると、それに応えるかのようにバイブが動きを激しくしている気がした。

「含んでるだけじゃなくて、ちゃんと、舐めてあげて……」

 バイブを口から離し、竿の部分を舌から上に舐め上げる。
 亀頭の部分にキスをして、舌先を這わせる。
 
「そう、いい子だね……」

 バイブにフェラなんてしたことなかったから、こんなの、初めてで。
 でも、何だか気持ちよくなってきちゃって……。
 夢中になっていた……その時、

「あっ――、」
「ほら、口が休まってるよ。ちゃんと、続けて」
「ひぁああんっ!」

 何の合図も無く、彼にバックから貫かれる。
 ゾクゾクする。
 彼は一番奥で私の腰を固定すると、まるでバイブがするように円を描きながら責め立ててくる。
 それは、バイブよりずっと大きな動きで、

「あぁっ……い……いっ!」
「フェラ、続けて」
「いい……よぉっ……!」
「早く」

 命じられるまま、再びバイブを口に含む。

「もっと奥までしっかり……そう」

 口の奥の方で、バイブの亀頭を刺激する。
 クリバイブが唇に当たって、震えが伝わってきて……なんだか、激しくキスをしてるみたいで……。

 もう、わけ、わかんないよ……、

「すっごく、締まってきた……」

 彼が溜息を吐き、今度は前後に動き始める。
 初めはゆっくり……次第に早く。
 彼の動きに合わせて、ベッドが軋む。

LCスカイビーンズ
3Pされてるような気分に…「LCスカイビーンズ」バイブエッチ体験談