【官能小説】第五話「オナニーとセックス、どっちが気持ちいいの?」

官能小説, 彼に見られながら、ひとりエッチ

 ギシギシ音がする度、私の身体が突き上げられる。
 膣の奥の方を執拗に刺激され、呼吸が乱れてくる。
 苦しくなって、もうバイブを咥えていることなんて、ぜんぜん、できなくなって、

「あっ、あっ、あっ、あっ、あんっ……っ!」

 彼のリズムに合わせて、声が出てしまう。
 バイブを放り出し、両手で何とか身体を支えながら、途方もない快楽に耐え続ける。

「あ、あ、ぁ、あ、あっ」
「……自分から腰を振るなんて、そんなに気持ちいいの?」
「ああああああああっ! あっ! いっ! いいっ!」

 彼の両腕が胸の頂に伸びてきて、膨らみきった乳首を摘まみ上げられる。
 グリグリと指で挟まれる度、頭の中、真っ白になってきて……、

官能小説「彼に見られながら、ひとりエッチ」第五話

「ねぇ」

 耳元に、息が吹きかけられた。

「オナニー、と、セックス、と、どっちが、気持ちいいの――?」

 ちゅくっ……。
 耳の中に、彼の舌が侵入してくる。
 その瞬間、腕から力が抜けて、上半身が突っ伏してしまう。

 ちゅくり……ちゅくちゅく……舐められて、キスをされる。
 また、囁かれる。

「ねぇ、教えて……?」

 耳たぶを、甘噛みされる。
 その間も、私を突き上げる腰の動きも、胸の頂を転がす指の動きも、止まることを、知らない。

 もう、さす……がに……っ!

「……っちゃう、よぉっ!」

 イきたい。
 イったばかりだけど、イきたい。
 早くイかせてほしい……!

 じゃないと、おかしくなっちゃう……!

「お、ね……あっ、お、おね……ぃいっ!」
「質問には、答えてくれないの?」
「おねが……っ! イか……せぇっ……て……っ!」
「……イったら、答えてくれる?」
「イくっ……! イく、いく……いっ……くぅっ!」
「なら、仕方ないな」

 彼の顔が耳元から離れ、再び両脚を両手で固定される。
 崩れ落ちた私の上に覆いかぶさるようにして、彼が乗ってきて。
 押しつぶされるようなかっこうのまま、彼自信も息を切らしてしまうほど、責め立ててきて。

「あっ、いっ、いいっ、いっ、いぃ……っあああああああっ!」
「っ、……は……っ、」

 彼の息が、張りつめて弾けたかのように、止まる。
 その瞬間。
 ドクドク……と、私の中で、彼のペニスが脈打ち、大きくなって、震えて……。

「……――っ!」

 私の中が暖かくなって、ゴムの中に、彼の精液が放たれたのがわかった。
 私も、やり過ごしようのない快楽の波を、全身に最後の力を入れて、何とか堪えるのが精いっぱいだった。

U.F.O. SA
乳首責めが止まらない…!「U.F.O. SA」エッチ体験談