【官能小説】第四話「乳首を舐められ、クリを指で愛撫され、指を入れられ……イクっ! 初めての絶頂」

ハロウィンの訪問者は、片思いの後輩君, 官能小説

 再び彼の手が、私の胸に触れた。
 下から上に持ち上げるように、ふわふわと揉まれる。

「やっぱり、恥ずかし……っ、あっ」
「先輩は乳首が敏感なようですね。そんなにビクビクしてしまって……」

 ちょっと、イジワル。
 舌先でツンツンと乳首を責められながら、彼の手がスカートの中に潜り込んでくる。
 思わず身じろぎした私を、もう片方の腕がぎゅっと抱きしめて、逃げられなくされる。

「だ……めっ、そこ……き、たな……んっ」
「汚くなんてないですよ。むしろ、こんなに濡れて……本当に、可愛いです」
「――っ!」

 彼の指先が、私のクリに触れた。

官能小説「ハロウィンの訪問者は、片思いの後輩君」第四話

 確かにその指は、なんだかぬるぬるしていて。生暖かくて、気持ちいい……。
 円を描くようにして、触られる。

「あっ……んっ……っぁ……」

 くちゅっ、ちゅくっ、ちゅぷっ……。
 彼が乳首を口に含む音と、アソコが指先で触られる音。
 恥ずかしすぎて、気がおかしくなりそうだった。でも、身体の真ん中の方から、どんどんジンジンしてきてしまう。
 熱が、込み上げてくる。

「指、入れますよ?」
「……っ!」

 ぐぐっ……と、入り込んでくる挿入感。一瞬、少し痛い、と思ったけれど、彼の指がヌルヌルと馴染むと、すぐに気にならなくなった。
 彼が中で、ちゅくちゅくと指を折ったり、真っ直ぐにしたり、動かしている。

「もう一本だけ、増やしますね……?」
「いっ……っ……んっ……」

 流石に今度は、少し、痛い。
 声を上げそうになると、彼が再び乳首を甘噛みしながら、下の方では、まだ入れていない指でクリをくちゅくちゅと撫でまわしてくる。
 そのうちに、彼の指の動きに合わせて、アソコにきゅっ……と力が入るようになってしまう。

「あっ……ああっ……あっ……!」

 自然と出てくる声が、自分の声じゃないみたいに、高くて、甘い。
 なんだかふわふわしてきて、私はしがみ付くように彼を抱きしめていた。

「なんか……へ……んっ!」
「先輩、わかりますか? 僕の指、先輩の中に……ちゃんと、入っていますよ?」
「なんか……きちゃ……うっ!」
「はい、そのままイッてください。大丈夫です。怖くないですよ」
「い……く……って、何……あっ」

 クリをきゅっ……と摘ままれながら、彼の舌先がペロペロと乳首を刺激してくる。
 その速度が、段々早くなって。
 ゾクッと背筋が震えて、全身がガクガクなって、息もできないような感じになってしまって――。

「や……ぁああんっ!」

 つま先が、ピンッ……となって。
 その途端、あれだけ強張っていた全身から、一気に力が抜けてしまう。
 愛撫を止めた彼が、事態のよくわかっていない私を、ぎゅっ……と抱きしめてくれた。

「先輩、それがイクってことです。……反則ですよ、可愛すぎます」

 囁いて、唇に、軽いキスを一つ。

U.F.O. SA
乳首を舌で舐め続けるリアルな快感…「U.F.O. SA」乳首責め体験談