【官能小説】第五話「隣の部屋に聞こえちゃいますよ? クンニされながら、好きだった後輩君に処女を奪うと宣言されて……」

ハロウィンの訪問者は、片思いの後輩君, 官能小説

 そのキスを皮きりに、首筋、鎖骨、胸の谷間、おへそ、くびれ……と、彼の顔が、どんどん下の方に下りて行く。
 そうして、下着をそっと脱がされた。
 両手で脚をぐっと広げられ、その真ん中に……ぐちゃぐちゃに濡れてしまったアソコに、口づけられる。

 ちょ……っ、いくら……な、んでもっ!

「だめぇっ! ちょ、は、恥ずかし……あっ、」
「あんまり騒ぐと、お隣のお部屋に聞こえちゃうかも知れませんよ? 大丈夫です、普通のことですから」
「ふ、つ……ぅ……って……んんっ……っ!」

 ちゅくり……。
 彼の舌が入り込んでくる音が聞こえて、慌てて高く上がりそうになった声を、口を手で塞いで抑え込んだ。
 入り口の辺りで、入れたり、出したり。くるくると円を描いたり。

 これって……クンニっ……!

官能小説「ハロウィンの訪問者は、片思いの後輩君」第五話

 
 その度に、ぴちゃぴちゃと甲高い水音が響き渡って、私もどんどん余裕が無くなってくる。

 不意に、クリトリスまで、レロリ……と舐めあげられた。

「ひゃんっ!」
「ねえ先輩? ここまで来たら、僕はもう止める気なんてサラサラ無いんですが……、」

 脚を閉じようとして、大きく開かれる。その繰り返し。
 先ほど乳首をされたように、クリを口に含んで吸い上げられて、さっきイったばっかりなのに、またジワジワとあの感覚が込み上げてくる。

「先輩がもし、僕のことを嫌いだとしたら、止めます」

 また、入り口の辺りに舌を這わされる。
 奥の方からとろんっ……と溢れてくるヌルヌルを、丁寧に舐めとられる。
 彼の喉が、ごくんっ、と鳴ったのがわかった。

「先輩、僕のこと、スキ、ですか?」

 真っ直ぐな声色に、思わず目を開けた。
 彼が、真剣な表情でこちらを見ている。

 ……っ、

「何よぉ……ここまで、やっといて……」
「すみません、ちょっと急ぎすぎましたか?」
「バカ! 私、こういう経験無いんだから……だから、そのぉ……」

 上手い言葉が、思いつかないや……。

「あんたじゃなかったら……こんなこと……許さないわよ……」
「……先輩、鈍感なだけじゃなくて、やっぱり奥手なんですね」

 でも。

 彼が笑う。それは、校内や仲間内の集まりでは決して見たことの無い、柔らかくも男を感じさせる笑みだった。
 ドキッ、とする。

「そんな先輩が、好きです」

 好き、好き。平気で連呼して、こっちの方が……恥ずかしくなる……。

「じゃあ、先輩に好きだ、って、ハッキリ言ってもらえるように、頑張ります」

 彼が、覆いかぶさってくる。
 かちゃかちゃとベルトの金属がぶつかり合う音がして、手元がモゾモゾ動いているのがわかる。

 ……シたことなかったけど、全く知らないわけじゃない。そういう知識。
 だけど。

「先輩の初めても、最後も、僕がもらいますね」

 脱がないの……? 吸血鬼……。
 恥ずかしくて、ちょっと怖くて、自分の思考が現実逃避している。
 彼のスカーフが、私の口元でサラサラとくすぐったい。

「痛かったら、言ってください」

 固くて熱いモノが、私の入り口にあてがわれる。
 私は思わず、彼にぎゅっとしがみ付いた。

舌でお手伝い
本物みたいなベロがアソコに絡みつく「舌でお手伝い」クンニ体験談