【官能小説】第三話「乳首を押し出して、先端に電マを当ててオナニー。感じるたび、下着の中がドロドロぐちゃぐちゃに……」

おばあちゃんの電動マッサージ器で……, 官能小説

 これ、いいわぁ……。
 電マ。こんなに、キモチイイなんて。
 もっと早く使えば良かった……私、何であんなに身構えていたんだろう?

 全身から力が抜けていく。
 腰かけていたソファの背もたれに、次第にだらん、と寄りかかって、ずるずる、滑り落ちるくらいふにゃふにゃ力が抜けてきて……。

「ん……っ、」

 ふ、と。
 電マの先端が、乳首に、触れた。
 その瞬間、ゾワっとした痺れにも似た感覚が背筋を駆け抜けて、あっ、と、声を上げてしまう。

 はぁ、はぁ、と。
 唇から、吐息が零れてしまっていた。吐く息が熱くなる。自分でもそれがわかってしまった。

官能小説「おばあちゃんの電動マッサージ器で……」第三話

 やだ、こんなの――、

「ダメ……っ、」

 ダメ。これは、アダルトグッズなんかじゃない。私、オナニーしようとしてたわけじゃないじゃない。
 ちょっと、バストのマッサージをしていただけ……、なのに、

「だ……っんっ、めぇ……」

 手が、止められない。
 相変わらず、バイブのテンションを緩めない電マの先端を、触れるか触れないかギリギリくらいのところで、乳首にそっと当ててしまう。
 敏感なところが、どんどん膨らんで、血が駆け抜けて、熱が集まって、もっと敏感になって、足の指先までビクビク反応してしまう。

 こそばゆい。でも、ジンジン、昂ってきて、息をするのも苦しいくらいになる。
 もうヤメテ。
 相手が彼だったら、そう言って振り払ってしまっていたかも知れない。自分がどうなっちゃうか、わからないから。そのくらい、怖いくらいの、快感が押し寄せる。

 なに、これ――、

 電マを持っていない方の手で、人差し指と中指で胸を抑え込んで、敏感になった乳首をぷっくりと露出させて。
 その先端に当てると、乳首だけに振動が伝わって、アソコがピクピク動き出すのが自分でもわかるくらいだった。

 ドロドロと、下着が濡れていく。
 自然に脚が開いて、はしたないポーズをして……女性の大事な部分をおっぴろげながら、電マで自分を責めるのが、もう、やめられない。

 反対、も……っ。

 今度は反対の乳首を、同じように押し出して、電マをそっと当てる。
 トロぉっ……と下着の中に、愛液が溜まっていくのがわかる。
 その度に、アソコの入り口がクパクパ、何かを欲しがっているみたいに反応してしまう。

 気持ちよく、なりたい。
 もっと、気持ちよくなりたい……っ!

ハンディマッサージャー
「ハンディマッサージャー」のエッチな体験談へ

【マッサージの官能マンガ】「恋のマッサージ」って?

感じるツボ、ぐりぐりしてあげる。~恋のマッサージはパンツの奥まで~
【無料立ち読み】感じるツボ、ぐりぐりしてあげる。~恋のマッサージはパンツの奥まで~
「大事なトコロ、ちゃんとほぐさなきゃ」部室の奥で二人きり…優しいタッチで肌をなぞり、きわどい部分を揉みしだかれたら、アソコから蜜がたれてきちゃう!