【官能小説】第四話「クリと下着がヌルヌル擦れて、電マを当てて指くちゅオナニー……」

おばあちゃんの電動マッサージ器で……, 官能小説

「や……ばっ……あぁっ……!」

 身体が自然とくねくねしなってしまって、その度に下着とクリがヌルヌル擦れて余計に感じてしまう。
 ドロドロの愛液の中で、クリトリスがビクンっ……って震えるみたいになる。
 おしっこをしたいような感覚に襲われて、思わずアソコを手で抑えてしまう。

 指先が、濡れる。
 下着の上からなのに――下着が水分で、重たくなっているのがわかる。

「っはぁ……んっ……!」

 まるで、導かれるように。
 脚の付け根から、下着の中に指を滑り込ませてしまう。
 生暖かい、ドロっとした感触。
 入口の部分は、すでに十分ほぐれてしまっていて、何かを中に咥え込みたくてたまらなさそうにヒクヒクしているのがわかる。

官能小説「おばあちゃんの電動マッサージ器で……」第四話

 指の腹でちょっと撫でるだけで、また愛液が滴り落ちてくる。
 指が愛液とねっとりと絡んで、自分の境目がわからなくなる――。

「ひああぁああああっ――!」

 気が付くと私は、電マを割れ目の部分に当てて、叫び声も抑え込めずに成すがままになってしまっていた。

 もう、自分の身体じゃないみたいに、止められない。
 理性ではもうダメだって、こんなの恥ずかしいってわかっているのに、手が勝手に電マをアソコに押し付けて、脚が勝手に開いて秘部をさらけ出してしまっている。

ハンディマッサージャー

 入れたい。
 挿れたい――。
 いれたい。
 イれたい……!!

「挿れてぇ……っ、お……ねが……ああっ……」

 アソコに自分の指を咥えさせて、叫んでしまう。
 こんな細いものじゃ足りなくて。
 二本入れても、三本挿れても足りなくて。
 奥まで届かなくて。
 ぜんぜん、届かなくて。

 必死になって、指を動かす。
 ぐじゅぐちゅ、ぐじゅぐちゅ、空気と愛液が絡み合って、ヌポヌポと卑猥な音がする。
 電マのバイブレーションの音でもかき消せないくらいの、大きな音がする。

 イきたいよぉ……っ!
 もう、

「ゆ……るして……ぇっ……!」

 背中が、のけ反る。
 その瞬間、自分の真ん中から、熱い何かが勢い良く迸ってきて……。

ハンディマッサージャー
「ハンディマッサージャー」のエッチな体験談へ

【マッサージの官能マンガ】イケメンエステで癒されて…

それでははじめます。~高級エステGlanzへようこそ~
【無料立ち読み】それでははじめます。~高級エステGlanzへようこそ~
仕事で口コミで話題になっているエステ"GLANZ"の体験レポを書くことになった彼女。――当店では最高のスタッフで最高のおもてなしをいたします――